ブログ立ち上げの基礎知識【初心者向け】

WordPressプラグインのインストールと設定【初心者でも簡単】

こんにちは!メグです!

 

今回は、前回ご紹介した「最低限必要なプラグイン」の

設定を詳しく解説して行きます。プラグインって何?と言う方や

前回の記事↓をまだお読みでない方は、こちらをお読みいただいてから進めて下さい。

パソコンの画像
【ワードプレス】初めに入れるべきプラグイン6選【初心者向け】ワードプレスインストール後、記事を投稿する前の準備として必要なプラグインの導入があります。今回は、ブログを始めるのに最低限必要なプラグイン6選について解説しています。...

 

1つ1つゆっくりやって行けば問題ありませんので、

落ち着いてやって行きましょう!

最低限必要なプラグイン6つおさらい

All In One SEO Pack
Google XML Sitemaps
Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
Classic Editor
Rich Table of Contents
Contact Form 7

 

まず今回設定するプラグインは3つ

Classic Editor

ダッシュボードの画像

まず、ダッシュボード画面の左下のプラグイン→新規追加をクリックします

プラグイン画面の画像

①のキーワードにClassic Editorと入力し、検索で出てきた左下②のClassic Editorの

横③今すぐインストールをクリックして下さい。
(尚画像は既にインストールしている為「有効」になっています)

インストールが終われば、有効化をして完了です。

Contact Form 7

Classic Editorと同じく、ダッシュボード→プラグイン新規追加から検索ボックスにて

Contact Form 7を入力し、表示されたContact Form 7の右にある

今すぐインストールをクリックし、インストール後有効化し完了です。

お問い合わせページの作成方法については、後日追記したいと思います。

Rich Table of Contents

インストール方法については、上記2つと同じです。

ダッシュボード→プラグイン→新規追加→Rich Table of Contentsの検索から

インストール後→有効化までします。

次に、Rich Table of Contentsの設定に移ります。

まず、左下カテゴリー欄にあるRTOC設定をクリックして下さい。

リッチターブルオブコンテンツっ設定画面

目次のトップに表示されるタイトルを入れます
例)目次、Contents、メニューなど、お好きなタイトルを入れて下さい。

投稿、固定ページ両方に✔︎マークを入れて下さい。

目次に表示させる見出しをどこまでにするかの設定になりますが、わからなければ
同じh4までに設定して下さい(後で変更可能です)

これも後で使ってみて変更できますので、一応3を選択して下さい。

フォント(字体)になりますので、お好きな字体を選んで下さい。

※画面右側にプレビューがあるので確認しながら設定するといいと思います。

リッチテーブルOC設定画面

タイトルを表示させる位置はお好みで、右寄せでも中央寄せでもOKです!

⑤⑥は、見出しの表示方法についてですので、右に表示される画面(プレビュー)

を見ながら、お好きなタイプを選択して下さいね!

目次のデザインせって画面の画像

次に、目次のカラー設定ですが、私は右上のフェミニンにしていますので、

色の選択はできません。自分の好みの色味にしたい場合は、左下のアクアマリンなど

を選択して下さい。

そうすると、上のようなカラー設定ができますので、ご自分のお好みの

カラーをそれぞれ選択して下さい。設定がいまいち分からないと言う方は、

フェミニンを選択して下さい(後でいくらでも変更可能です)

ROTC設定画面の画像

応用設定は、特に希望がなければ、上記と同じ設定にしていただければ大丈夫です。

最後に変更を保存のボタンをクリックして終了です。

ここまでのまとめ

これで、Classic Editor、Contact Form 7、Rich Table of Contentsの3つの

プラグインの設定は完了です。1つずつ丁寧にやって行けばとても簡単ですので、

焦らずゆっくり進みましょう!では、次のプラグインの設定に行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

こちらも読んでね